メニュー

2021年10月開催

2021年10月9日

第8回日本糖尿病医療学学会

「糖尿病医療学コーチング講座 2021」~共に描こう!心に寄り添う「傾聴」と「承認」~

 

10月9日、10日に第8回糖尿病医療学会が開催されます。

この学会は糖尿病と共に生きている方の「こころ」と「行動」に焦点をあて糖尿病臨床・医療を学ぼうとする会です。

みかんの花クリニックとしても力を入れている学会の一つです。

「症例を中心とした日常臨床経験の発表とディスカッション」を中心として各種の教育講座や企画講座が開かれます。

その企画講座のうちコーチングを学ぶための「糖尿病医療学コーチング講座2021」のご案内です。

 

全国で糖尿病医療学コーチングを実践されている錚々たる先生方がファシリテータとして名を連ねています。

当院の新谷哲司院長もその一員に加えてさせていただいています。

 

本学会はWeb開催になっています。学会及び企画講座については事前参加登録が必要となっています。

多くの方のご参加をお待ちしています。

 

 



 

 

 

2021年10月14日

Web講演会

「GLP-1RAのポジショニングを再考する会 in 愛媛」

 

10月14日に「GLP-1RAのポジショニングを再考する会 in 愛媛」がWeb開催されます。

血糖変動や酸化ストレスは以前より糖尿病患者さんの大血管障害の危険因子であることが知られています。

近年は様々な糖尿病治療薬を選択することが可能になりましたが、血糖だけでなく様々な併存症の危険因子についても念頭に置かなければなりません。

今回の研究会では昭和大学講師の小原信先生が血糖変動と酸化ストレスを考慮した糖尿病治療についてご講演いただきます。

座長は愛媛県内の糖尿病専門医の中で最も循環器領域に詳しい医師の一人である眞鍋健一先生です。

本研究はハイブリッド開催ですがオンライン接続での参加がお勧めされています。

多くの方のご参加をお待ちしています。

   

 

 

 

 

 

 

2021年10月18日

Web講演会

「第26回愛媛糖尿病カンファレンス」

 

10月18日に第8回糖尿病医療学会が開催されます。

この研究会は東予・中予・南予もちまわりで毎年開催される会ですが今回は中予地区での開催になります。

今回の特別講演では京都大学教授の稲垣暢也先生が経口GLP-1受容体作動薬についてご講演されます。

当院の新谷院長も一般演題②として「糖尿病患者さんのための地域連携を目指して」という演題で講演します。

本研究はWeb開催になっており事前参加登録が必要となっています。

多くの方のご参加をお待ちしています。

 

    

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME